お腹がかゆいと妊娠線ができるって本当?妊娠線ができるワケ考察

お腹がかゆいと妊娠線ができるって本当?妊娠線ができるワケ考察

こんにちは、マルミです。

産後に大量に発見することになった妊娠線ですが、実は、妊娠後期から数本できちゃっていました。

スポンサーリンク

かゆいと思ったらできていた妊娠期の妊娠線

妊娠期間も後半に入った頃、「お腹がかゆいなー」と思ったらできていたのが妊娠線でした。

お腹がかゆいと、妊娠線の出来始め、と聞いたことがありました。

でも、自分はクリーム塗ってるし、大丈夫だし、と思っていたのですが、ある日、夫に「おなか掻いてるよ」と指摘されたのです。

「えっ?!もしかして、妊娠線?」と急いで、お腹の下の方を見てもらいました。

やはり、妊娠線…。

お腹がかゆいと妊娠線注意は本当です!

おそらく、妊娠8ヶ月の4月〜5月頃に見つけたのではないかと思います。

私の場合は、自分ではお腹が邪魔をして見えないところ、お腹の下部に2〜3本できてしまいました。

この頃のトータルの体重増加は、約9kgでした。(身長は153cmです。)

何でできたのかいくつか考えてみた

ケアで使うクリームをケチった説

ほぼ毎日、お風呂上りに、ワコールさんの産前・産後用保湿クリーム「マミィエモリエントクリーム」を塗っていました。

120gで、8,190円という結構なお値段でしたが、デパートの店員さんが、「このクリームは高いけれど1日1回塗れば良いから、実はコストパフォーマンスが良いのよ!」と教えてくださったので、購入したのでした。

参 考ワコールさん商品説明ページ

http://www.wacoal.jp/maternity/bodycare/

ただ、妊娠のホントに最後あたり、1ヶ月くらいは、残りが少なくなってきていたので、ニベアの「青缶」や、AMOMAさんの「カレンデュラオイル」も使ったりしてしのぎました。

足りなくなった時点で、ケチらずに、ワコールさんのもう1本買えば良かったのかもしれません。

しかし、ほぼ毎日ケアは継続していました。

季節的に乾燥しやすかった説:妊娠中期後半から冬から春へ

私の出産予定日は、6月27日でした。

妊娠中期と言われている、妊娠5ヶ月〜妊娠7ヶ月は、1月11日〜4月3日でした。

お腹が目に見えて大きくなっていったのは、妊娠6ヶ月くらいからでしたので、ちょうど冬から春になる季節でした。

めちゃめちゃ乾燥する季節ですねwww

自分でいくつか説を考えてみましたが、妊娠線ができるワケをまとめていきます。

妊娠線ができるメカニズム

妊娠線ができるメカニズムについて、まとめていきます。

以下は、参考にさせていただいたインターネット記事です。

参 考ヘルスケア大学

女性は妊娠すると肌質が変化して、肌トラブルが起きやすくなります。突然の変化に驚く方も多いようです。ここでは、妊娠期によくある肌トラブルとケア方法について、ドクター監修のもと詳しく解説します。

北海道大学大学院医学研究科・医学部 皮膚科のホームページ

皮膚科の教科書「あたらしい皮膚科学 第2版」のPDFファイル

18章 「真皮、皮下脂肪組織の疾患」- 真皮の疾患 A.皮膚萎縮症-1.皮膚伸展線条

参 考1.皮膚伸展線条

http://www.derm-hokudai.jp/textbook/pdf/18-01.pdf

妊娠線は、正式には、妊娠線条 striae gravidarumというみたいですね。

しかも、妊娠線は、妊婦さんの90%以上にできて、妊娠6ヶ月頃から下腹部、おっぱい、おしり、などに生じるそうです。

また、ドクターズオーガニックさんのサイトも参考にまとめていきます。

参 考ドクターズオーガニック

妊娠線ができるワケ:①皮膚の急激なのび

妊娠線は真皮の断裂妊娠線ができるワケの1つ目です。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、皮膚が急激に伸びてしまうことが原因です。

皮膚の表面は、伸びについていくことができるのですが、その内側の真皮は、伸展性があんまりないそうです。

真皮の大部分を占めるのが、コラーゲン(膠原線維)です。

このコラーゲンが断裂して、周辺の血管が切れた結果、赤みがかった妊娠線ができる、というワケです。

妊娠線ができるワケ:②妊娠中に増加する副腎皮質ホルモン

妊娠中に分泌が増加するのが、副腎皮質ホルモン(Corticosteroid)です。

コルチコステロイドとも言うそうです。(英語読みですね。)

この副腎皮質ホルモンが、線維芽細胞の増殖とコラーゲン産生を抑制してしまうそうです。

線維芽細胞というのは、コラーゲン(膠原線維)や弾性線維といった真皮にある物質を産生する細胞です。

ただでさえ、おなかが大きくなり、皮膚が伸びて断裂しやすくなっているコラーゲンの産生が、副腎皮質ホルモンで抑えられてしまう妊娠期。

さらに妊娠線ができやすくなっているというワケです。

どうやって妊娠線を予防するのか

お腹は大きくなるし、線維芽細胞のはたらきも抑制されてしまう妊娠期。

どうやって、妊娠線を予防したら良いのでしょうか?

妊娠線予防のポイント

①急激な体重増加を避ける。

これは、真皮が伸びについていけなくなる、というのを防ぐためだそうです。

②肌の弾力を保つ保湿ケア

断裂してしまうのは、真皮であることをお伝えしてきましたが、化粧品において、「真皮まで届く」とか「真皮を保湿」という表現は、現在日本で薬事法で禁止されていますので、真皮まで届いているのか?というのは分かりません。

ですが、妊娠線予防クリームやオイルで保湿をして、肌の表面だけでも柔らかさを保っておくことが、自分でできるケアなんだと思います。

私の反省

妊娠後期に

  • ググッと体重増加で、お腹の皮膚が伸びた
  • 肌が乾燥

したのが原因かなーと思います。

妊娠線って治るのかな?

上の説明でも参考にさせてもらった

北海道大学大学院医学研究科・医学部 皮膚科のホームページ

18章 「真皮、皮下脂肪組織の疾患」- 真皮の疾患 A.皮膚萎縮症-1.皮膚伸展線条

参 考1.皮膚伸展線条

http://www.derm-hokudai.jp/textbook/pdf/18-01.pdf

を見てみますと、できてしまった妊娠線は、

有効な治療法はない
時間の経過とともに、目立たなくなるけれど、完全に消えることはない

とのこと。(人によって有効な治療法はあるみたいですが、万人に効く、ということはないみたいです。)

やっぱり、妊娠線は、できないようにすることが1番ということですね。

でも、断裂してしまった真皮は、なかなか修復されませんが、セルフケアで皮膚の新陳代謝をアップさせることで、赤みがかった妊娠線が、だんだん白っぽくなって、目立たなくなるそうです。

参 考ヘルスケア大学

妊娠線を消す治療法はないと言われていますが、だんだん白っぽくなって、目立たなくなるそうです。

まあ、気長に、ってことね、と前向きにとらえておきます!

もう今は産後ですが、妊娠線クリームでケアを頑張ってみて、報告していきますね。

ちなみに、私が購入した妊娠線クリームは2種類あって、ベルタマザークリームノコア アフタートリートメントクリームです。

詳細はコチラ>>
初回購入500円!!妊活中・妊娠前なら 【ベルタマザークリーム】 商品購入
妊娠線・肉割れ・セルライトに「ノコア アフタートリートメントクリーム」 初回商品購入

年賀状印刷なら【年賀家族】

長男が生まれてから、我が家は毎年【年賀家族】で年賀状を作っています!
他とは違う、オシャレな年賀状が作れるのでリピートしちゃいます。

ブログランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。
バナーをクリックするとランキングポイントが増えるので、 クリックして応援してくださるとうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする